子供の役割

家族内での子供の役割について

子供というのは、家庭にとってかけがえのない存在。

人生において、自分の人生観が一番変化した瞬間はいつかと聞いてみると、やはり「子供を産んだとき」と答える人は、とても多くなっていますよね。

子供とは、家庭の中でとても大きな役割を果たします。

それこそ、赤ちゃんでまだ寝返りもできない様なうちから、子供は家庭内でとても大きな役割を果たすのです。
そんな、「子供が果たす役割」について、記述をしてみましょう。

子供が生まれると、両親は「親である」という自覚を持ち、必死に子育てをします。

この子育てをする上で、親は泣いてしまうこともあるし、苦しいことも多いですが、それが自身を成長させることにもつながります。

そう、子供を育てるというのは、自分を育てるということ。
子供を通して泣いたり笑ったり、そして不安になったり・・・ということを繰り返し、人は親として大きな成長をしていくことになります。

親として人として成長させてくれる存在

子供はこうして「親を親として成長させる」という役割を担うのです。
また、子供の学費のために母親が働きに出たり、子供に将来迷惑をかけない様にお金をためたり、子供の将来のことを考えた行動もする様になります。

ここで、「子供をより守りたい」という気持ちが沸いてくるのでしょう。手
これも、親として大きく成長するということのひとつではないでしょうか。

子供の存在は、親をずっと成長させてくれる存在。

親は子によって生かされていると言っても過言ではないくらいですので、親にとって子供がどれだけ大きい存在なのか、ということがわかりますね。

同時に、子供は親をしあわせにしてくれる存在です。
何もできないうちから、子供は両親に幸福と希望を与え、ただいるだけで幸せを振りまいてくれます。

両親は、つらい時でも「子供の笑顔を見ればがんばれる」というほど子を大切にし、子供と共に生きることで、限りない幸せを得るようにもなります。

子供とは、ただ存在するだけですばらしいものであり、そしているだけで大切にされるものです。
両親にとって、子供を育てるということは「苦労」でありながら「喜び」であり、そして幸福なのです。

子供は、多くの人が結婚と同時に家を出て、自活するようになります。

そこで初めて、親の子育ては一段落することになりますが、将来にわたって「子供は親を幸せにする存在である」ということは変わりません。

子供は、その年齢に応じて立場を変えながらも、常に両親の中心にいる立ち居地であり、また両親にとって一番大切なものとして、ありつづけます。