動物を飼おう

コミュニケーションの取り方で悩む方へ

家族の間でのコミュニケーションを取りたいと思っていても、いったい何からはじめたら良いのか分からない。
なにか話をしようと思っても、これといって話題がない。

そんな風に悩んでいるかたも多いかもしれません。
また、家族がそれぞればらばらな生活を送っていて、みんなでなにか一つのことに気持ちを向けることがまったくない生活に危機感を抱いている人もいるでしょう。

あるいは、子どもが落ち着きがなく、時には学校でともだちに乱暴をしてまうなどの問題行動があり、学校からも注意をうけてあたまを悩ませている。

もしくは、子どもが一人っ子で友達も少なく、内気であることが気になっている・・・

このようなさまざまな家族にまつわる問題に、共通する一つの状況を改善する方法があります。
それは、「ペットを飼うこと」です。

ペットを飼う効果

家庭の中に動物がいると、そこに家族の意識は集まることになります。
ペットがまだ小さい時であれば、その育て方についていっしょに考えることになるでしょうし、犬の場合には散歩が必要になり、誰が散歩に行くかとか、どのようなコースを散歩したかと言ったことは自然と話題になります。

そうでなくても、ペットというのはかわいいものですから、家の中にペットがいれば自然とそのペットの話題を通して会話が生まれるもの。猫

それまでは食事が終わるとすぐにそれぞれの部屋にひっこんでしまっていた家族が、リビングにペットがいることでリビングで過ごす時間が長くなる、などということもよくある話です。

また、子どもにとってはペットというのは友達のような存在でもあります。
一緒に遊んだり、ときにはけんかをしたりといった経験を通して、自然と心の豊かさや感性といったものが育っていくのです。

さらに、ペットを飼い始めたら餌やトイレ、散歩やブラッシングといったお世話もしなければなりません。

子どもが家事を手伝うのが重要なことであるのと同様に、このようなペットの世話を子どもにまかせることもまた、子どもの自主性や責任感を育てるうえでとても役に立つのです。

ペットを飼うには、お金も時間も必要であり、住宅事情などで難しいという家庭も多いかもしれません。
しかし、もしも条件が許すのであれば、家族の一員としてペットを迎え入れることは、とても大きな収穫につながるはずです。

ペットと一緒に過ごす時間は、大人にとっても子どもにとってもかけがえのない、楽しいものになるはずですよ。