「ゆれる」

オダギリジョー・香川照之主演「ゆれる」

2人の兄弟の、微妙な関係を描いたさくひん「ゆれる」。
オダギリジョーが出演する映画は、いつもどこかミステリアスで影のあるものが多いのですが、もしかすると最たるものはこの「ゆれる」かもしれません。

「ゆれる」は、はっきりと物語の筋がわかる映画ではなく、みたひとが自分で想像をしなければならない映画ですが、それが「ゆれる」という映画の素晴らしさのひとつではないか?と認識しています。

では、この「ゆれる」についてみていきましょう。

優しくて善良な「兄」、奔放で自由な「弟」

「ゆれる」には、2人の対照的な兄弟が出てきます。
兄は実家のガソリンスタンドを継ぎ、優しくてしっかりものの真面目な男。

弟は、どこか奔放で自由な都会の男。
弟は東京でカメラマンとして成功をおさめており、その弟が法事の為に実家に帰ってくるところから物語ははじまります。

物語のキーとなるのが、弟にとって幼馴染となる女性「千恵子」。
参人で渓谷に遊びにいったとき、吊り橋の上で兄と千恵子があらそっているのを弟が目撃。しかし、もみあったまま女性は橋の下に落下して亡くなってしまいます。

この千恵子、実は昔弟が交際をしていた女性であり、東京から帰ってきてもう一度関係を持った女性でもありました。

ここから、「ゆれる」がはじまります。
冴えない兄ではあったけれど、父の後を継ぎ、善良で優しく、いつも真面目に生きてきた兄。

しかし、この事件をきっかけに弟は「本当の兄はそうではないのでは」と考えるようになります。

淡々と進んでいく裁判。
その中で、今までとは異なる姿を見せる様になる兄。

戸惑いながらも、その兄の本当の姿をみようとする弟。
「ゆれる」というタイトルがぴったりの、静かながらも確実に「揺れ」をかんじることができる映画です。

この映画、解釈は人それぞれで映画をみたひとにゆだねられる部分もかなり多いのですが、非常に考えさせられ、「人が見せている部分が、本当のその人の姿であるとは限らない」ということをひしひしと感じさせてくれる映画でもあります。

善良で真面目だった兄が、本当はずっと我慢していたのではないか。
本当は、自分を憎んでいたのではないか。

最後のワンシーンがあまりにも切なく、「家族とはなにか」をこの上なく感じさせてくれる作品です。
ぜひ、多くの人に見てほしい作品でもあります。

派手さはありませんが、ミステリアスで魅力的な作品であることは間違いありません。