[東京都]国立科学博物館

展示物豊富な国立科学博物館

上野にある国立科学博物館は、1日では回りきれないかもしれない、スポットの多さが国立科学博物館だけの魅力でしょう。

例えば、国立科学博物館はネオルネサンス様式の建物として知られています。
このようなスポットは撮影スポットとしても使用できるのですが、美しい建築物でもあるので、憩いの場としても利用することができます。
近年では、近代の技術の影響を受けて、似たような構造の建物が増えているため、その影響で国立科学博物館が注目されることも多くなりました。

国立科学博物館は、内部に対してやわらかく光が差し込むことでも有名です。
展示品だけでなく、周りさえも気になるような見た目へと変化していくため、多くのスポットが存在し、来るたびに新しい発見を得ることができるのです。

また、国立科学博物館内には数多くのベンチが存在します。
そのため、ベンチを利用してゆったりとした時間を過ごすこともできますし、ベンチを元に見て回るスポットを限定するということも可能なのです。
他の芸術館、美術館では見られない、このようなサービスが国立科学博物館の人気を高めています。

国立科学博物館だけでしか見れないものも沢山

以下のような国立科学博物館だけの展示品も人気が高いです。

例えば、アニメーションを通じて地球を学べる、地球史ナビゲーターが有名です。
近年では、アニメーションも取り入れた映像で、多くの人に地球史、もしくは歴史を学んでもらうという試みが増えているのですが、国立科学博物館の地球史ナビゲーターはサイズが大きいため、大人数で視聴することも可能となっています。

なにより、大迫力のスクリーンにアニメーションが映し出されるので、国立科学博物館内で、ゆったりとした時間を過ごしたいという人にもオススメできるのです。
地球史ナビゲーターは、宇宙の歴史についても学べるようになっているので、惑星、科学に興味がある人にとっては楽しいスポットとなるでしょう。

さらに、国立科学博物館内には始祖鳥(レプリカ)の化石も展示されています。
見た目的に、刺々しいとされている始祖鳥を間近で見ることが可能となっており、さらに、始祖鳥の歴史だけでなく、隕石なども学べるようになっているのです。

家族で見て回るにしてもスケールが大きいものばかりなので、目新しいものを見て回りたい、そして、国立科学博物館だけの衛生、隕石に関する情報を拝見、もしくは実際に触ってみて感動するという体験も可能になっています。
近年では、テレビなどで登場する衛生(ひまわりなど)の学習を行えるコーナーも存在します。
衛生に興味を持つ人が増えているため、特設コーナーで衛生を学ぶことも可能です。