家族は人生の土台

家族とは?

家族とは、辞書などで意味を調べると、同じ家に住んで生活し、配偶者や血縁者の達と定義されています。
もちろん、同じ家に住んで生活を共にする人々のことを言いますが、これは宿舎で一緒に生活する人たちなどとは意味合いが違ってきます。

同じ家に住み生活し、お互いを心から信頼して生活する人々のことであり、言い換えれば絆が生まれているとも言えるでしょう。
家族は、特に親は子供を目に入れても痛くないような存在で、自分を犠牲にしてまで守ろうとします。

子供にとっては、自分が生活し成長し、人格や性格、体格を形成していく、大切な場所とも言えます。
これは家のないホームレスだと、その日の生活もままならず、家族関係のような生活は出来ません。

家族それぞれ、父親・母親・子供・祖父母にとって、安心して気持ちを落ち着かせられる場所とも言えます。
家にいればリラックスでき、お互いに分け隔てなく話すことができ、信頼しあえる仲です。
精神的な、肉体的な支えともなり、心のよりどころでもあります。

家で生活する人々の基礎となる場所でもあり、そこで生活する人たちは、お互いに役割を持ち、助け合いながら生活していきます。
子供は、親の笑顔の元となり子宝であり、親は子供や配偶者のために仕事をして稼ぎ、父親は会社で勤め、母親は家で子育て家事をします。
また祖父母は、孫の面倒を見る、子育ての手助けやアドバイスをするなど、それぞれが役割を持って生活します。
このあたりは、学校や会社の組織のあり方と似ているかもしれません。

家族関係

家族はお互いに支え合いながら生活し、理想は、子供は親を慕い、親は子供に十分に愛情を持って接することでしょう。
ただ親も子供も、お互いの影響によって、人生がどうなるか決まる部分があります。
その中でも、特に子供は親の影響によって、人生をどのように歩むか決まると言っても良く、子供の性格も親の影響を受けます。

親の愛情が薄いと、子供は親から離れていき、悪い道に進みます。
これは子供自身にももちろん責任はありますが、そのような道に進ませた、親にも責任はあるのです。
子供は頼れるのは親が一番であり、その親が子供に接しないとなると、子供ははぐれていきます。

逆に子供が立派に育つのも、親が厳しく子育てをしたからであり、親が早い段階から、子供の才能に気づき、伸ばすよう教育すると、スポーツや芸能、学力など、その分野で秀でた人物になれます。
家族関係において、親は子供の手本となるべき存在です。

しかし、昨今は手本となるべき親が、間違った行動をして、自ら悪い見本となる人も多いです。
結婚して、家族を持ち子供を持つことは、そこには大きな責任が発生し、親は自分を犠牲にしないといけない部分も出てくるのです。