親子の絆を深める方法

挨拶を行う

家族でも親子の絆を深めるには、挨拶をするようにします。
家族だから挨拶は必要ない、家庭内では必要ないと考える親も多いかもしれません。
しかし挨拶は、人間同士の会話の基本とも言え、子供は最初に挨拶をマナーとして覚えます。

礼に始まり礼に終わるように、社会生活を行うと、朝の挨拶から始まり、帰るときの挨拶で終わります。
それを示すように、挨拶には朝のおはよう、そして夜のおやすみがあり、人間社会にとって重要な始まりと終わりの挨拶と言って良いでしょう。

挨拶を行うことは、会話を始めるきっかけともなり、親子でも、会話を弾ませます。
さらには、毎日挨拶をしていれば、声が小さい、挨拶しても無視するなど、日々の変化で、子供の様子がおかしいことにも気づけます。
挨拶すれば、朝起きて夜眠るという、規則正しい生活をするにも役立つでしょう。

言葉で愛情を示す

欧米だと、スキンシップとして日常の中でキスをするのは自然なことですが、日本ではそのような習慣はありません。
海外と比べて、体で愛情を表現することが少なく、親は子供に対し、愛情は言葉で表さないと、子供はわからないことも多いです。
以心伝心という言葉があり、言わなくてもわかるとは言いますが、これは子供に対する接し方には、当てはまらないことが多いです。

いくら親が優しく子供に接したとしても、やはり子供は親の愛情表現を待っており、優しい言葉をかけて欲しいものです。
愛しているという言葉が良いですが、その他にも、大好きやありがとうなどの言葉でも構いません。
逆にネガティブな言葉は、使わないようにして、汚い言葉も避けましょう。

親は子供の見本となるべき存在であり、親が愛情を持って言葉をかければ、子供もそれに呼応してくれます。
逆に汚い言葉や、ネガティブな言葉をかければ、子供は知らず知らずのうちにそのような考えを持ってしまいます。
特に思春期は子供は不安定な時期なので、愛情を持って、接するようにしていきましょう。

褒めて育てる

子育てでは、叱って育てるよりも、褒めて子供の才能を伸ばす方が良いです。
もちろん、時には叱らないといけないことはありますが、暴力を使ってはいけません。
暴力を振るうことは、子供の気持ちを離れさせる原因ともなり、親子関係を悪くします。
ただ、あまりにも、何度も言っても言うことを聞かないときは、多少体罰などは必要かもしれません。

褒めるということは、親子関係を良好にするばかりでなく、子供に自信を付けさせます。
自信を持った子供は、自ら行動しやる気を出し、自分から進んで行動するので、子供の才能を伸ばすにはとても良いです。
逆に叱ることは、子供の行動を制限することであり、叱りすぎは子供を萎縮させます。