家族の役目とは

それぞれの役割

家族にはたくさんの役目があります。

例えば、家族の生活費のために働くのは父親の役目。

家族のためにご飯を作ったり、家事をこなしたり・・・という役割を果たすのは母親。

子供たちはそんな両親の愛を一心に受け、すくすくと成長していきます。
このように、家族はいつも助け合う存在であり、誰かが倒れた時は誰かが補うといった役割を果たします。

そう、家族はいつも、助け合いながら生きています。

家族の役割とは、相手に愛情を持って接すること、家族の誰かが困っていたら助けること。
家族の誰かが泣いていれば涙を拭き、明るく笑うことができる様に、導きます。

この様な役割を果たし、お互い助け合うことができて、はじめて「家族」と言えるというわけですね。
時には、家族の存在が悲しみに変わることもあります。

親はいつか亡くなるもの、そしてたいていの場合、子供より先に亡くなります。
家族の命が失われるということは、残されたものにとって大変な悲しみでしょう。

いつかくる家族の別れ

しかし、その家族の葬儀を行うこともまた、家族の役目です。
いつか訪れる家族の別れを、私たちはどう迎えるのでしょうか。菊

今は、家族と近しい友人のみで行う、家族葬というものが増えているそうです。
>>>家族葬について

より、「家族」というものを近くに感じられるような、そんなお葬式の方法です。
シンプルだけれど、ゆっくりと流れる時間の中で、大切な家族をみおくりたい・・・。

そんな願いを実現できるお葬式です。

家族がいなくなった悲しみは大きいでしょう。
でもそれを乗り越えるのも、また家族の強さです。

いなくなった家族の存在は、また他の誰かによって引き継がれることになるでしょう。
こうして、家族の役割というのは、次々にバトンタッチされていくもの。

親から子へ、ずっと引き継がれていくことなのです。

家族の大きな特徴は、「いつ、どんな時でも自分が果たすべき役割がある」ということ。
年齢によって、その果たすべき役割は変わっていきますが、常に家族が果たす役割というものが存在します。

仮に命がなくなってしまっても、なお家族に存在感を残すでしょう。

永遠に朽ちる事のない絆

姿形が消えてしまっても、生前に故人が残した言葉や行動が、人を大きく成長させてくれることがあります。
こういう意味では、家族の役割というのは、永遠に失われることはないのかもしれません。

また、家族の役割というのは、絶対に変わらないものもあります。
それは、「親にとって子供は永遠にかけがえのないものである」ということ。

そして、「何歳になっても、たとえ自立して家を出たとしても、親にとって子供というのは、常に心配なものである」ということです。

何があっても、親にとって子供というのは何よりもいとしく、そして大切な存在。
変化を続ける「家族の役割」の中で、このことだけはずっと変わらないものであり、そして今後も変化しないものなのではないかと思います。

変化していく役割と、変わっていく役割。

親子というのは、そんな役割を積み重ねながら、交わっていくものなのかもしれません。