[大阪府] ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特徴

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンといえば、東の東京ディズニーリゾートとの双璧となる日本で最も有名なテーマパークです。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特徴はハリウッド映画をモチーフにしたアトラクションが中心になっているだけでなく、日本で人気のアニメやキャラクターを積極的にコラボとして取り入れているということです。

特に週刊少年ジャンプ系のマンガとのコラボにはかなり力を入れており、こまで「ONE PIECE」や「ドラゴンボール」「DEATH NOTE」といった作品をアトラクションやパレードとして取り入れてきました。

期間中にはそこでしか買えないグッズやコラボメニューをレストランで提供していたりと、訪れる時期によって楽しみが変わってきます。
通常営業でも大人気の「ジュラシックパーク」や「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」というエリア全体で世界観を表現したアトラクションがあります。

毎年のように新たなイベントやアトラクションの拡張があり、数年ごとに訪れても新鮮な気持で楽しめるというところが嬉しいポイントです。

アクセス・利用案内

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに入場するためにはまずスタジオ・パスが必要です。
スタジオ・パスがあることで園内のエリアに入場することができるとともに、各アトラクションを自由に体験することができます。

チケットは園内入り口で販売されているほか、オフィシャルWEBサイトからの通信販売や、旅行代理店、JRのみどりの窓口でも販売をされています。

所在地は大阪府此花区桜島2-1-33で、電車ではJRゆめ咲線のユニバーサルシティ駅から徒歩3分となっています。
駐車場もあり約3600台の収容数で普通車平日1日2200円から利用ができます。

スタジオ・パスは単品で購入する場合に比べてWEBサイトの前売りや交通・宿泊とセットとなっているものにするとかなり安くなるので、そちらもチェックしてみるとよいでしょう。